健康にはやはり運動が一番

健康管理としてあなたは何を習慣化させていますか?ある人はバランスの良い食生活だったり、ある人は昼寝だったり、ある人は筋力トレーニングであるかもしれません。でもやはり健康を心ざすなら運動が一番でしょう。運動とはいっても、フルマラソンやスポーツなど、過酷な運動をしなさいというわけではありません。ただの散歩、ウォーキングも立派な運動であります。

運動はこうやって健康の維持に貢献している

まず運動をすると全身の血流が良くなります。全てのカラダの栄養素は血管から血液として運ばれているので、この流れがスムーズでなければ十分な栄養素をとっていても、十分な栄養素が全身に届くことはありません。そして血流が滞るといらない物質がどんどんたまっていってしまうこととなります。たとえばアンモニア、乳酸といった疲労物質です。これらがたまって排出されないと、日をまたいでもしつこい疲れに悩まされることとなります。あと運動をすると筋力がアップします。筋力のアップは疲れにくい身体づくりに貢献し、基礎代謝をたかめ、太りにくく痩せやすい身体になることができます。そして心の健康にも貢献してくれますよ。散歩やウォーキングといった動作を繰り返す運動には、脳内の幸福ホルモン、セロトニンの分泌を増やす働きがあることがわかっています。更には生活習慣病の発症までも未然に防いでくれます。

運動を習慣化して健康を維持しよう

カラダの健康を維持し、スタイルを向上させ、ココの健康までもをケアしてくれる運動。まだ運動を習慣化させていないというあなたは毎日運動をして、運動を習慣化させることをおすすめします。先ほど良いましたとおり無理な運動をする必要はありません。継続するのが一番大事なので、今日は思い切りできそうにない、疲れているというときは運動量を減らしたり、たまには休んだりしてそのつど調整するといいでしょう。毎日運動しているうちに見違えるように健康になれると思いますよ。

投稿日:

コメントを残す